RUSSELL MOCCASIN

RUSSELL MOCCASIN
brand_consept
RUSSELL MOCCASIN(ラッセルモカシン)は、1898年、アメリカ ウィスコンシン州に、ウィル・ラッセル氏が森林伐採作業をする木こり達のために、ハンドメイドブーツを作り始めたのが、ラッセル社の始まりです。設立から 100 年以上たった現在でもなお、昔とまったく変わらない製法で、少数の熟練した職人によりすべての靴を作り、皮の裁断から縫製にいたるまでの全プロセスがオールハンドメイドで行われています。
paperでは、ラッセル社にアッパーの素材やデザイン、ソールの種類などを別注し、ここでしか入手できないこだわりのモデルを完成させました。サイズやその他、ご不明な点がございましたらご気軽にお問い合わせください。

45